社会人のおっさんだけどバンドやりたい理由とはじめ方

社会人のおっさんだけどバンドやりたい理由とはじめ方

どうもお疲れ様です。
いつのまにかヌオッツと申します。

最近バンドがやりたくてしかたがありません。
ついつい昔のエレキギターを引っ張り出して弾いたりしております。

とはいえ、自分、いい年のおっさんです。
学生のように、フワッと自然にバンドをはじめたりしずらさが、そこはかとなくあります。

社会人のおっさんでもバンドやりたい理由とは?そしてどうやったらバンドはじめられるでしょうか。

管理人の地味なバンドだからチェック!

なぜバンドをやりたいか

ここでは「いったいなんでバンドやりたいの?」という部分を書いてみましょう。
ふりかえると、あれがきっかけかなあ?

会社の同僚がバンドマン

僕の会社にはバンドマンがやたら多いです。

それもアマチュアでやってます、という人から、インディーズで売り出し中です!という人、さらには昔プロでした!という人まで…。
会社をやめていく人も結構いるのですが、渡米したDJもいましたね。

そんな環境で、昔ちょっとあこがれていた僕としては、「かっこいいなあ!」という気持ちがふつふつと沸いては貯金のごとく溜まりました。

最近、毎週ライブをみてます

ちょっと前からのことですが、プライベートで辛いことがあった僕は、同僚や友人のライブを積極的に見に行っては、その辛さを紛らわしていました。

それと同時に、プロの出演する音楽フェス、アイドルのイベントなどにも通うようになり、ライブやらポップ音楽カルチャーどっぷりな生活をしていました。

ライブハウスは人が集まっていて、爆音が心地よく、辛い気持ちを忘れるのにちょうどよかったわけです。

そうこうしているうちに、「なんだか自分でもやってみたいなー」という風向きになってきました。

周囲に社会人バンドマンがいたというのが影響でかいですね。

仕事以外に何か熱中できる趣味が欲しい

これもありますね。

社会人になり、そこそこの年代(30も半ばです)になり、これといって趣味もなく、職場と家の往復。
酒も飲まなければ…以下略

仕事も嫌いではありませんし、やりごたえもあるのですが、「若い頃あこがれていたバンドを今やりなおしてみたい」そんな気持ちが動機となりました。

幸い(?)独身で、なにかと生活に自由がきくので、今がチャンスだと感じました。
しかし、家庭のある社会人バンドマンさんもいらっしゃるので、そういった場合は「すごいバイタリティだな」と感服する次第です。

どうやってバンドをはじめるか

バンドにはメンバーが必要

「バンド」もいろいろですが、僕の場合は、誰かと合奏してアンサンブルを楽しみたい。
そしてできればライブしたい!
そんな気持ちがありますので、メンバーが必要になってきます。

幸い、友人にドラムをやっている奴がいたり、ベースを弾く先輩が近くに引っ越してきたりと、探さなくても知り合いにセッションしてくれそうな人間が居るので助かりました。

まったく手がかりが無い方は大変ですよね。
遠方に住む知人は知り合いも居ないので、楽器屋のギター教室に入ってしまったそうです。
ネットなどのメンバー募集から入っていくのも良いと思いますが、初心者にはハードル高いです。

楽器も必要

ボーカル → 喉が楽器だぜ!
ギター、ベース → ローンで12回払い!月々数千円ならお財布的にいける!
ドラム → スティックは買ったけど、セットは置く場所ないよ…。スタジオの個人練習に毎週入ろう!

こんな感じでしょうか。
他にもたくさんの楽器、パートがありますが、多くはギターなど弦楽器が欲しい!と、いう感じではじまることでしょう。
僕もギター欲しいです。

とりあえずコピーしたら?

まずはお気に入りの曲をコピーするところから始めるといいかもしれませんね。
有名な曲ならたいていYouTubeに曲名とパート名で検索すると、演奏動画やレッスン動画などが上がっていたりします。
これらを参考にワンフレーズだけでも真似すると楽しいですよ!

バンドは楽しい

なんやかやと書きましたが、私のバンドの目的は「楽しい」を感じることです。
ギターを買って、曲をつくり、メンバーを集めてライブをやりたいです。
このブログでその後をご報告できれば幸いですが…。どうなりますでしょうか。

では!失礼します!

追記

2017/04/22

ギターを買ったら報告します。
ギターを買いました!近々ご紹介したいです!